« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

農楽里ファーム:自然観察会&田植え

 昨日5月29日(土)の「農楽里ファーム」活動、午前中はいつもと趣を変えて、農楽里ファームの主催者が「NACS-J(自然保護保護協会)」の自然観察指導員という関係で、「2010年国際生物多様性年CBD/COP10記念企画 全国一斉自然かんさつ会~わーい、みんなで出かけよう!~」を実施!詳細はリンク先を参照要。


 人家に近い道端の植物の観察からスタート、見慣れたものから何だこれ?というものまでいろいろ。


 徐々に山の中へ入っていく・・・途中では落ち葉で詰まっていた水路の清掃なんかもする。たかが落ち葉による水路詰まりでも、水が溢れ出したら山肌を削ることになり、土砂崩れの危険要素となり得るのだ。


 動物の写真を撮るためのカメラの交換をする・・・このカメラは、動いてるものに反応して自動的にシャッターがきられる仕組みになっている。
 ここからはさらに山深く、文字通り道無き山の斜面を歩いていく・・・。


 途中神社で参拝?・・・こんな山奥の神社だと厳かを通り越して、怖い・不気味な雰囲気すらあるかも。「ひぐらしの鳴く頃に」とか「おおかみかくし」のイメージか・・・って、こんなところでまでオタクに毒されてるんじゃないっ!まじめに自然観察しよう!(^_^;)


 とある山の斜面、ここだけ草が生えていない・・・鹿が寝た跡なのだそうだ!さらに別の場所では、鹿の角を発見!あたりまえだが、自然の山の中ではいろんな動物が生きているのだ!最近ではそれらが里に現れ、農作物を荒らすいわゆる獣害が深刻な問題でもある・・・。

 というわけで、たまにはこんな活動も楽しい・・・植物の名前とか特徴とか専門的なことは正直わからないけれども、山の中を歩いて自然の動植物を感じるだけでも十分意味があると思うし、何よりやっぱ楽しい(^_^)


 さて、午後からはいつもの農作業で、先週に引き続きの田植え・・・といっても今回は写真の通り、田植え機を使う。ある意味一番見慣れた田植えではある。
 私自身も少しばかりやらせてもらったが、エンジンを入れてしまえば勝手に進んでいくので、基本ハンドルを握っていればいいだけ・・・なのだが、これがなかなか難しい!真っ平な舗装路をタイヤで進んでいくわけではない、泥の中を歯車状の車輪で進んでいくのだから前後左右に振られてしまい、なかなか真っ直ぐに進まない!真っ直ぐ進むことに気を取られていると今植えたばかりの苗を踏んずけてしまったり!さらにその2つを交互に気をくばっていたら肝心の苗の補給を忘れて、機械だけが空回りで何も植えられていなかったり!・・・とまあ、散々であった(^_^;)
 そんなこんなでどうにか2枚の田んぼの田植えを夕方までに完了!

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

2010年5月25日 (火)

ニコニコ動画その28

 久しぶりにニコ動ネタで・・・。

週刊アイドルマスターランキング
 3周年記念でまさかのフルボイス!おつかれ(^_^;)
 ランキングの方はMMD勢強し!「吹 っ 切 れ た」もここではまだまだ強い!

週刊VOCALOIDランキング
 ボカロのCDがオリコンで1位とのことで、久しぶりに初期の名曲「私の時間」を見に行ったら・・・「オリコン1位おめでとう」コメで溢れてた\(^o^)/
 さて、ランキングの方は、現実逃避Pことwowaka氏の新曲「ワールズエンド・ダンスホール」がぶっちぎりの1位!・・・独特なメロディにはまる人が多いようだな、個人的にはこのPの曲とはいまいち相性が合わない・・・。
 2・3・4位の方が個人的には好き・・・OSTER_project女史の新曲「Ladies First」も良かった・・・が、コメで「ハスキー&メドレー」の文字を見てふいてしまった(^_^;)

週刊ニコニコランキング
 こちらでも「ワールズエンド・ダンスホール」が1位だったか!
 釣りが多くてランキングの中の人も切れ気味だな(^_^;)
 8位「【MMD】プリキュアのおねえちゃんに憧れて」がめちゃいい!後半の神展開に思わず涙腺緩んだ!

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

2010年5月24日 (月)

信毎記事:杉井ギサブロー

 信毎のアニメ企画連載5回目・・・今回は「杉井ギサブロー」。

 個人的には、文中にもある「タッチ」の印象が強い・・・「タッチ」は、私のオタク歴の中でも非常に影響力のある作品の1つだしな。なので、今回取り上げられたのはけっこううれしいかも(^_^)

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

2010年5月23日 (日)

農楽里ファーム:田植え

 丸1週間ブログをさぼってしまった(^_^;)
 さて、昨日5月22日は土曜日ということで「農楽里ファーム」へ・・・今回は田植え!リンク先に「農楽里ファーム」公式のレポがあるので参照。

 田植えは、春の農事におけるイベント的存在ということで、今回は十数名が集まって賑やかに!

 苗は順調に育った!田植え前の田んぼ・・・右側には植える目安となるスジがつけてある。


 スジをつけるのはこちらの農楽里ファーム特製の道具・・・これを田んぼの中を転がしていく。


 さすがに人数が多いと早い・・・2時間程度で完了!30cm間隔で植えているので、パッと見はややまばらな感じ・・・この30cmというのは「草かき」と呼ぶ除草作業に使う道具が入ることができる間隔なのだ。


 お昼はおはぎを皆で手作り・・・あんこには砂糖を使わず干し柿を入れる。あんこの歯ざわりなのに味と香りは干し柿という不思議な食感となった!


 農楽里ファームで栽培したしいたけの1つがこんなに巨大に!
 おはぎにしいたけに山菜の天ぷらやあえ物、イノシシ肉のチャーシュー等々、豪華なお昼ご飯であった!


 午後には、大岡地区の長老池内朝雄先生のお話会で、昔の農業の様子の話などを聴く・・・「農=生きる」という、あたりまえのことをいまさらながらに感じる。

 というわけで、いつもとは趣のちがう「農楽里ファーム」の1日・・・農作業自体が田植えの2時間程度なのでなんだか物足りない感じもするが(^_^;)

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

2010年5月16日 (日)

農楽里ファーム:田植準備

 昨日5月15日(土)、土曜日恒例の「農楽里ファーム」へ。



 まずは苗生育中のビニールハウスヘ・・・いい感じにそろってきた!右上ははとむぎ、左下はキビ・・・どちらもちっちゃな芽が出てきたばかり!
 それから麦(右下)の様子も見に行く・・・先週見なかったので2週間ぶりだが、いつのまにやらいい感じに!もう少しで穂も出そう!?


 そして本日のメイン作業は田んぼの準備。田植が間近に迫り、水を入れて代かきをするわけだが、今年新たに田んぼにするところは、水を入れる前の段階で準備がいる・・・上写真の田んぼでは、水管が使われていなかったため丸太でふさがれていたので、それを取り除く。また、田んぼのまわりの水路=よけの末端に土嚢を積んだりもする。別の田んぼでは、あぜが低いところに土を盛って高くしたりする作業もする。


 こちらの別の田んぼでは、既に水を入れ始めている・・・田んぼが水に覆われていく様はなんとなくうれしい・楽しい!
 というわけで、いよいよ来週は田植である・・・詳細はこちら

 おまけ

 左:毛づくろい中のチャイ・・・この写真を撮る前、私の右側の椅子から左側の椅子へ移動する際、何の躊躇も無く私のひざの上を通過していったよ!?気を許してもよい・無害な奴と認定されたのか、はたまた単に無視されてるのかな?(^_^;)
 左:先週も掲載したつばめ・・・今日は土間にいる時に入ってきたので、ほぼ真下という至近距離での撮影に成功!

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

2010年5月14日 (金)

トレイルラン:旭山→頼朝山

 今日5月14日のトレイルランは、旭山を先日とは逆に平柴側から登り発電所側へ下ることにする。

 山王小学校→相生橋と経由して平柴地区へ入ると、徐々に上り坂となってくる。舗装路なのできつくてもなんとか走れる。

 やがて、先日下っていた時には気づかなかったが、左写真の分岐案内板を発見!歩行者専用の近道があるようなので、左手へ進む。りんご畑の中の農道といった感じの道を進み、やがて木々に囲まれた細道へ。ただ路面自体はずっと舗装路だ、もっとも落ち葉で埋め尽くされてはいたが。そしてその道の最後には右写真の階段が!階段の上に見えている屋根は「朝日山観世音堂」の屋根!この近道を通ると真ん前に出るのか!そこそこの坂道なのでけっこうきつかった(>_<)

 ここからは先日下った道を登っていき、やがて旭山登山口へ。ここからようやく山道だが、山頂&展望台まではわずか500m・・・とはいえそれなりの上り坂なのできつい!かなり頑張って走り、歩いたのはほんのわずか!そして展望台に到着!自宅出発から約45分。給水休憩5分ほどで出発。山頂自体は通過してすぐ下山。

 まもなく先日も通過した「立ち入り禁止」の看板のある分岐点へ・・・とりあえず禁止でない方の道を進む・・・が、途中でそんな気はしていたが、たどりついたのは先ほど登り始めた旭山登山口!グルッと回る別の道があったのね。ということは、やはり発電所側登山口につながる道はあの立ち入り禁止の道しかないわけか・・・しばし思案の後、自己責任ということで立ち入り禁止の道へ侵入・・・ってか先日はそこを知らずに登ってきてるわけだしな。とはいえ、やはり下るとなると危険度は上りよりさらに増すので、慎重に歩いて進む。先日は無かった新たな倒木があったりと、道はさらに荒れている。先日同様、倒木を乗り越え、くぐり抜けを繰り返し、どうにか無事に発電所側登山口まで下山、通算約1時間30分・・・しかし、やはりここはもう止そう。もちろん危険だからなのは言うまでもないが、そもそもトレーニングという意味でも効果的でない。

 その後、まだ若干時間的余裕があったので、一昨日確認した道を通って、新諏訪の頼朝山登山口へ。頼朝山山頂到着が通算約1時間45分。そして今日は葛山へは登らず、途中の分岐点で往生寺方向へ進む・・・ここはなだらかな登りですごく走りやすかった。葛山山頂から下りてくる道との分岐点以降は一昨日と同じ。で、往生寺へ到着後は、長野西高校前まで下って市街地へと入り、無事帰宅。ということで本日も約2時間30分のトレイルランであった。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

2010年5月13日 (木)

トレイルラン:頼朝山→葛山→大峰山

 昨日5月12日(水)、これまで3回に分けて3つの山でトレイルランをしてきたが、今回はそのうち2つを連続踏破することにした。先日の葛山の帰りに確認した新諏訪の頼朝山登山口からスタートし、頼朝山→葛山→往生寺→歌が丘→大峰山→花岡平霊園というルートとした。

 いずれやるつもりの3山連続踏破に備えて、旭山と葛山をつなぐ道の確認のため、先日の旭山の発電所登山口を目指す。発電所手前の橋を渡らずに右折、住宅街の細い路地を抜けて国道406号に出れば、もう新諏訪の頼朝山登山口だ。ここまでで約25分。


 舗装路を少し入ると左の分岐案内板があり、山へと入っていく。やがて右の分岐点、左へ行けば静松寺、頼朝山へ続く右の道を進む。



 登山道はけっこうきつい・・・走れたのは序盤だけ、中盤以降は早歩きに徹する。やがて頼朝山山頂到着!通算約40分。写真を撮りつつ少し休憩・・・案内板によれば「頼朝山」という名は源頼朝に由来するらしい。


 頼朝山山頂を出発、途中いくつか分岐点(左はその1つ)を経て、やがて先日通った「静松寺・頼朝山」の分岐点に到達。そこからは先日は下った道を登る・・・同じ道でも下りと上りでは景色が違う。ここもかなりきつい。農作業疲れもあり、とにかく腰がつらい・・・腹筋と背筋をもっと鍛えねば!
 そして葛山山頂到着!通算約1時間。給水休憩程度ですぐに出発、往生寺方向へ下る。路面が荒い・厳しいところを下るときは、集中力が肝心。観音山を通過してやがて往生寺到着。先日の往生寺では「遊歩道」の案内板に従っていったら行き止まりだったが、今日は道を発見!右写真、左上の道がお堂に続く行き止まりで、右側フェンス沿いの道が遊歩道だった!これはわかりにくい。


 往生寺を出て最初の四つ角を左折し道なりに進む。途中で七曲方面へ向かう道との交差点では右方向へ。やがて大峰山登山口の「歌が丘」到着。たくさんの歌碑が密集して建てられている。左写真の左外側に上り口があり、右写真の「大峰城へ1.3km」の案内板。


 ほどなく分岐案内板、右方向は「物見岩経由」とある・・・先日霊山寺から登った際に途中歌が丘からの道が合流していたから、そこにつながるのだろう。今回は左の道を登る。以降は分岐もなくけっこうきつい道を早歩きに徹してひたすら登る。そして大峰山山頂到着!左写真が到着地点・・・駐車場のあるところに出る。通算約2時間。ここも給水休憩程度ですぐ出発、先日は登ってきた大峰城脇の物見岩方向へ続く道を下る。

 物見岩→花岡平霊園→雲上殿→箱清水と経由して市街地に入り、無事帰宅。通算約2時間35分のトレイルランであった・・・さすがにきつかったが、やはりまだまだ体力・筋力不足だな。あと2ヶ月ちょい、頑張らねば!

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

2010年5月12日 (水)

ゆうゆうじてき:「プレゼント」復活!?

 当ブログの本家にあたるWebサイト「ゆうゆうじてき」・・・「アニメ雑誌」のバックナンバーの更新がすっかり滞ってしまっている。春になって「農」に関わる時間が増えたこともあるが、単純にやる気・モチベーションの問題かな。

 そんなこんなでちょいと気分転換的に新コンテンツ「プレゼント」を作ってみた!・・・「プレゼント」は「ゆうゆうじてき」初期においては「アニメ雑誌」と並ぶ2大コンテンツであり、アクセス数アップという意味では最も有効なコンテンツであった(当時はあくまで結果としてだが)。当時の「プレゼント」は、私自身が品物を用意していた・・・もっとも、アニメイベントやアニメショップの無料販促品がメインなので、品物収集自体にはお金はかかっていなかった、せいぜい送料のみ。

 で、今回復活させた「プレゼント」だが、以前のようなことはとてもじゃないがやっていられない・・・なので、既にあるものの有効活用というか、他人のふんどしで相撲を取るというか(^_^;) プレゼント・懸賞をしているサイトのリンク集にしてみた。もちろんジャンル的にはアニメ・漫画・ゲーム・ホビー等、オタクライフに関係するもの限定で。

 取り急ぎなので、とりあえず今のところは「楽天市場」からだけだが、順次いろんなサイトのものを増やしていこうと思う。

2010年5月11日 (火)

くろやなぎ農園:田植準備ほか

 昨日5月10日(月)、「くろやなぎ農園」へと援農に出かける。



 本日の作業は田んぼにて田植準備・・・昨秋の稲刈り・脱穀作業時のわらを田んぼ全体に広げる。そして肥料として「鶏糞」をまく・・・色は赤茶色、その名の通り「糞」だからそれなりに臭う(>_<) 肥料としては他に、米糠や黒柳宅の薪ストーブの灰などもまいているとのこと。朝9時からはじめて、お昼休みをはさんで午後3時過ぎまでかかった! 地味な作業ながらやっぱりハードワークだった(>_<)


 その後畑に移動・・・左は麦、「農楽里ファーム」よりも生育がいいなぁ! 左は「ギョウジャニンニク」、手前にたれさがっているのはつぼみ。


 くるみの木・・・左の中央赤いのが雌花、右の枝から突起している緑のが雄花。初めて見た!品種は「ヒメグルミ」とのこと。


 農園には今いろんな花が咲いている・・・左は梨の花、右は山桜。


 山菜の王様といえば・・・「たらの芽」! 「くろやなぎ農園」では「タラノキ」をたくさん植えており、この時期はたらの芽が大豊作!私も少しばかりおすそわけをいただいた(^_^) ほかにも「ウド」「コゴミ」「菜の花」などもいただいた。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

2010年5月 9日 (日)

農楽里ファーム:ひえ種まき他

 昨日5月9日(土)、いつものごとく「農楽里ファーム」へ。



 まずは米の苗を育成中のビニールハウスへ・・・入った途端の熱気で携帯が曇った(^_^;) あいかわらずばらつきはあるもののまずまず順調に生育中。左下:右側はもち米、左側は通常の米(ただし3品混種米)・・・品種によって生育速度は違うようだ。右下:古代米・・・こちらも品種によってかなりばらばら。赤紫という品種(写真中央付近)は、このサイズの苗でさえその名の通り葉の先が紫だ。
 一通り水をやる・・・正確にはお湯をやる。この時期には冷たい水は生育によろしくないらしい。


 その後、ブロッコリーにトンネル状にビニールをかける作業・・・蝶除けなのだがすでにもんしろちょうが1匹(動物学的には1頭らしい?)舞っていた(左写真上部真ん中の白いもの・・・飛んでる蝶を写真に撮るのは難しい)。


 午後は、ひえの種まき・・・手法的には先日の古代米と同様、穴あきベニヤ板を使用しての手作業。ひえはとにかく粒が小さいので、精神的に疲れる(>_<) 覆土も手作業で行う。

 おまけ:今回はチャイはお休み。

 土間の梁につばめが巣を作っていた!右写真は巣にやってきたつばめ2羽をこっそり撮影・・・これ以上は近づけないのでこれが限界。
 昨年は、このツバメをチャイがハンティングしたとのこと!(◎o◎)

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

2010年5月 6日 (木)

エムサスタイル:2010年5月

 更新日が4月30日だったのでもう1週間近く経ってしまったが・・・エムサスタイル:2010年5月、いってみよう!

 いつもとセット・スタジオが違うなと思ったら・・・スッタフちゃんと仕事しろ!(^_^;)

 ニューリリースコーナーは、「May’n」の「May’n Special Concert BD BIG WAAAAAVE!! in 日本武道館 」・・・May'nってもう武道館でやってたんだ、知らなかった(@_@;)

 ピックアップコーナー、今回のゲストは「聖痕のクェイサー」より「日笠陽子」・・・いろんなラジオで声だけはさんざん聴いているが顔出し映像をしっかり見るのは初。
 元作品がアレなだけになぁ・・・「女性の溢れる力」ってなんぞ?(^_^;) 日笠のテロップへの振りに、しっかりこたえるスタッフGJ!(^_^;)

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

2010年5月 5日 (水)

トレイルラン:葛山

 トレイルラン第3弾は「葛山」。「葛山」の概要は、 を参照。
 登山口はいくつかありルートも幾通りかあるが、今回は「往生寺」から登り「観音山」を経由、「葛山山頂」から「静松寺」へ降りる、というルートとした。

 長野JAビルの横の道をひたすら北上、長野西高校の正門が見えてきたらその手前で左折、道なりにまっすぐ進む・・・この道はまだ舗装路だがすでにずっと上り坂であり、かなりきつい!それでも頑張って走り続け、やがて「往生寺」到着!

 「往生寺」・・・概要はこちら。境内を抜けて奥の石段を登る。「遊歩道」の案内板があったのでさらに登っていく・・・が、小さなお堂に辿り着いて行き止まり、あれ?戻って右手の墓地の方へ進む。墓地の奥に山へ入っていく道を見つけ、トレイルランに入る。


 ほどなく「観音山」の標識、さらにそのちょっと先の小高い休憩所のような所(ここが頂上?)にベンチと案内図・・・「観音山」といっても単独の山とみなすには物足りない。トレイルランにおいては単なる通過点。


 途中の分岐点にはこんな案内板・・・右写真の位置はもう山頂のすぐ手前数メートルだが、そこが木の根っこに覆われた急坂という難所。そこをはいつくばるように登りきると・・・



 山頂到着!自宅出発から約1時間10分。ここまでの登山道もそうだったがかなりきれいに整備されている。桜がほぼ満開状態でまだ咲いている。案内板には「葛山城跡」の解説・・・先日の「旭山」同様、ここも武田・上杉そして「川中島の戦い」に関わる地である。眺めも良好。登ってきた道以外にも他の道があったので、いずれ他のルートも試したいところ。10分程休憩後、同じ道から下る・・・といっても先ほどの山頂すぐ下の分岐点を、「頼朝山・静松寺」方向へと下る。


 やがて分岐点の案内板・・・「頼朝山」方向へ行けば最短で国道406号に出られるが、時間・体力ともに余裕があったので「静松寺」方向へ下る。ほどなく細い舗装道路に出る・・・右写真の右上の細道から出てきたところ。舗装道路をしばらく下る。



 やがて「静松寺」との分岐点・・・左上写真の左上の道が降りてきたところ、右の道を行けば「静松寺」に至る。「静松寺」境内へ直接降りる道もあるらしいが、今回とは別ルートか?「静松寺」は山頂の案内板にあった通り、武田・上杉の戦いにも関係した寺であるが・・・我が実家の菩提寺でもある、ので当然来たことがある。
 さらに道を進むとほどなく県道76号に出る、写真右上&左下がその地点。遊歩道の案内板は、葛山と大峰山を合わせたものとなっている・・・いずれ2山あるいは3山連続踏破とかやってみよう!
 県道76号から国道406号に出て、新諏訪地区で同じ案内板を発見・・・ここが「頼朝山」への登山口のようだ、近いうちに来ることになるだろう。
 その後市街地へと入り、無事帰宅・・・今回は2時間25分のトレイルランであった。

 さて、「大峰山」「旭山」「葛山」とそれぞれ単独のトレイルランをしてきた・・・今回は初めての場所で迷ったり、写真を撮ったりとしているので、2時間30分~3時間要したわけだが、走ることに専念すればたぶん90~120分位でいけそう。なので前述通り複数の山を組み合わせるのが、トレーニングとしては効果的そうだ。
 梅雨に入るとトレイルランは危険・厳しいので、その前の5月中になるべく数をこなしたいものだ。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

2010年5月 4日 (火)

Webアニラジ:ANI-COM&ひだまり:4月

 既に5月だが、4月末更新のタイトルをようやく視聴。

 「ANI-COM RADIO ~フジワラでいいカナ~
 ゲストが2人。「おおきく振りかぶって~夏の大会編~」の花井梓役の「谷山紀章」、「閃光のナイトレイド」の風蘭役の「藤田咲」。どちらもテンション高めのトークに終始。藤田咲は同じくアニプレックス作品の「WORKING!!」にも出演し、阿澄佳奈と共演しているが、後のアニプレ宣伝マン出演コーナーで別途触れられたのみ・・・今回のアニプレ本部長はキャラ濃いな(^_^;)

 「ひだまりらじお×☆☆☆
 冒頭の事業仕分けがおもろかった(^_^;) 挨拶?の「イエス!アスミス!」が事業仕分けの結果、廃止となる・・・今回ゲストはその「イエス!アスミス!」産みの親・吉野屋先生役の「松来未祐」。「鎧伝サムライトルーパー」や「ときめきトゥナイト」はもうお約束ネタだな(^_^;)

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

2010年5月 3日 (月)

トレイルラン:旭山

 4月30日の「トレイルラン:大峰山」に続き2度目、本日のトレイルランは「旭山」・・・事前に調べると登山口は2つあり、今は平柴側がメインらしいので、ここはあえてもうひとつの発電所側から登り平柴側へ降りる、というルートで行くことにする。

 長野県庁横の道を裾花川上流に向かって走る。

 裾花川を渡る橋の上から下流方向を撮影、右手奥が発電所。橋を渡りきって先に進むとこんな看板のついた入口があるが、もちろん一般人は入れない。


 一番奥まで進むと左手奥へむかう小道が見える。看板には「カタクリ群生地」との表示あり。入っていくとすぐ道が二又に・・・とりあえず「カタクリ群生地」の矢印がある右手に進む。


 ほどなくこんな看板のあるところにたどりつく・・・今検索してみたが、「カタクリ」は4月に花が咲くようで、今日はもう花を見ることはなかった。ロープ沿いに通路を進む・・・が、グルッと一周して戻ってきてしまった!あれっ?どうやらこちらは登山口ではないようだ。↑の二又まで戻り、今度は左手へと進む。


 こちらは間違いなく登山道であった・・・が、もはや登山道というレベルではなかった!こちらのルートはもう整備されていないようで完全放置状態、道が倒木でふさがれているところがいたるところに!倒木をある時は乗り越え、ある時はくぐり抜け・・・これ比喩ではなくマジ!右の写真の箇所のところにいたってはさすがにしばし呆然!写真の右手外側に別の道を見つけてどうにか突破!


 そんな山の中腹にあるのがこちら、「旧旭山観音堂」・・・「旭山観音堂」が平柴側へ移設されたことにより、こちらのルートはメインではなくなったのだろう。中を見ると、まだ観音様らしきものが据えられていた。熱心な参拝者がまだいるのだろうか?

 登山道と呼ぶにはもはや語弊のありそうな道をひたすら進む・・・走れるところは極力走るべきなのだが、あまりに危険すぎるので慎重に歩いて進まざるをえない。やがて前方になにやら看板が・・・だがどうみてもこちらからは裏側が見えている。どうにか看板にたどりつき、正面に回って見ると・・・

 「通行止めのご案内」・・・えっ!?どうやら私が今歩いてきた道は通行止めになっていたらしい!この看板ととなりの分岐案内板があるこの地点は道が3つある。私が歩いてきた道、山頂へ向かう道、そしてもう1つの道・・・おそらくその最後の道から来るべきであり、私がその道への分岐を見逃したのかもしれない。ともあれ、山頂へと向かう道を進む。



 山頂へと向かう道ではわりと走ることができた。そしてようやく山頂到着!自宅出発から約1時間20分を要していた。小さな山の山頂だから狭いものだ・・・案内板にある通り、ここは武田・上杉に関わる「朝日山城」があったところ、有名な「川中島の戦い」の舞台の1つでもあるのだ。山頂からの眺めは・・・木々に遮られてほとんど見えない!・・・が、案内板によれば展望台が別にあるようだ。登ってきた道とは別の道を見つけ降りてみる。


 すぐにこの分岐案内板があった・・・つまり、平柴側から登ってくるとここへたどり着くわけだ。展望台の方向へと進む。途中にはこんな大きな岩があった。


 やがて展望台到着!ここからは木々に遮られることはなく、長野市街が一望できる!先ほどの山頂とここで合わせて15分ほど休憩・散策。そして今度は平柴側へと下山開始。


 途中、分岐案内板があったがまっすぐ登山口へと降りる・・・ほどなく到着。案内板の記載によれば、こちら側の登山道はたった500メートル!右の写真を撮っている私の後方はもう舗装された道路であり、ここまでは車でこられるのだ!もっとも舗装されていても坂道であることにはかわりはない。舗装された坂道の下りは膝へのダメージがきついのでゆっくり走る・・・今度はこの平柴側から登りに来ることにしよう。この坂道を走って登るのは舗装道路であっても十分なトレーニングになる!


 やがて、「旭山観音堂」到着・・・正確には「朝日山観世音堂」らしい。実はここへは昔来たことがある・・・長野市では、合格祈願といえば「旭山観音」が定番・有名どころなのだ。そんなわけで私も中学3年の時に参拝していたのだ・・・じつに24年ぶり。お堂の右手には千羽鶴がかけられていた。合格祈願の文字も。

 そして平柴地区を駆け下りて中心市街地へと入り、無事自宅へと到着。今回は往復で2時間30分のトレイルランであった・・・トレイルランというよりアドベンチャーランだったかな(^_^;) アドベンチャーチックだったのはおもしろかったといえばおもしろかったのだが、トレーニング効果がどの程度あったのかは疑問(^_^;)
 さて、次はどの山へ走りにいこうかな、地図を見ながら計画をたてるところから楽しいのがトレイルランの醍醐味かな(^_^)

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

2010年5月 2日 (日)

農楽里ファーム:麦畑除草


 昨日5月1日(土)、いつものごとく「農楽里ファーム」の活動に参加・・・アルプスの山々が見事に姿を見せていた!こんなにきれいに見えたのは初めてだ!ちなみに手前の田畑が「棚田百選」に選ばれている棚田。真ん中の一番右、緑が茂っているところが、この後作業する麦畑である。


 その前に、「前回までのあらすじ」じゃなくて(^_^;) 前回までの作業のその後・・・種まきした米はなんとか生育中。この大きさのハウスでも、温度が微妙に違うため場所によってばらつきがある。田植えは、当初予定の5月15日(土)から1週遅くして、5月22日(土)ということになった。
 右の銀色シートがかかっているのが、先週種まきした古代米・・・ハウスに入れてしばらくはこうしてシートをかけておく。上からぶらさがっているのは温度計。当然だが温度は低すぎても高すぎてもダメ、適温を保つ続けるのはけっこう大変だ。


 で、本日作業の麦畑。2枚ある畑のうち、こちらは生育の良い方。条間の除草が本日の作業。右写真、右2列の茶色のところは除草作業後、青と緑が茂っているところが除草前(ちなみに青いのはオオイヌノフグリの花)。草かきや三角ホーなどで、削り取るように除草していくわけだ・・・見た目にはものすごく地味な作業であるが、これが意外とハードワーク。腕・肩・背筋・腰がかなりつらい(>_<)


 こちらはもう1枚、生育の悪い方・・・右の写真、除草作業後ではない、これで作業前なのだ!雑草すら茂らないのだ!麦自体の丈も、生育の良い方と比べると3分の2程度か、う~む(-_-;)


 さて、記事の最初でもリンクしてあるが、「農楽里ファーム」のWebサイトがいつのまにかできていたらしい(「慶師千人村」のサイトは完全にお役御免で消滅済み)。というわけで、今後はそちらからの公式情報も参照のほどを・・・とりあえず、前述のように5月22日(土)が田植えということで、体験希望者募集中!

 いつものおまけ・・・今日のチャイ

 「ぬこは椅子の上で丸くなる」・・・見事にまんまるだ\(◎o◎)/

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

ゆうゆうじてき:本家

ぷちカンパ

  • WebMoney ぷちカンパ

リンク:ピックアップ

リンク:アニメ

  • アニメミュージックを試聴&ダウンロード
  • アニメセレクト AT-X SHOP
  • ゲームミュージックを試聴&ダウンロード

リンク:Yahoo!

リンク:ポイントサイト

リンク:その他

  • TREview
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ